お知らせ

2020/02/19研究例会

4月度研究例会 開催のお知らせ【中止になりました】

新型コロナウィルスの感染拡大が不透明な中、参加者の皆様の安全と感染の拡大を防ぐために、

やむを得ず中止とさせていただきます。

何卒ご理解をいただき、ご容赦のほどお願い申し上げます。

 

事務局からお願いがございます。

現在、当協会ではペーパーレス化を進めており、

その一環としまして20174月度研究例会から当日配布用の印刷物については

電子媒体にて事前に聴講者の皆様に配信する方式に変更させていただきます。

なお、当日紙媒体での資料配布は行いませんので、ご了承願います。

紙媒体が必要な場合は各自で印刷してご持参下さいますようお願い申し上げます。

今後実施する講演会につきましても、同様の方式になりますので皆様のご協力を賜りたく、

よろしくお願い致します。

- 日 時
令和2年4月21日(火)13:20~16:45(受付 13:00~)
- 会 場
北区王子・北とぴあ 7階第1研修室
- 参加費
会員1名 6,000 円   一般1名 10,000 円(いずれも税込)
なお、フードパッケージ・メイト(初級)認定証[第6回試験(令和元年7月2日実施)]お持ちの方は参加無料となります。
- 銀行振込先
みずほ銀行横山町支店 (社)日本食品包装協会 普通預金 № 2177446
- 申込締切り
令和2年4月13日(月)
4月14日以降のキャンセルは無効とさせていただきます(代理出席可)。

申し込み方法

下記申込書に必要事項を記入(1枚/1人)のうえ事務所まで送付(FAX可)、または申込みフ ォームにてお申込みください。

FAX:03-3669-1244

参加申込書(印刷用)

参加申込みフォームへ

申込み・問合わせ先

〒103-0013
東京都中央区日本橋人形町1-10-5
 一般社団法人 日本食品包装協会

TEL:03-3669-0526 FAX:03-3669-1244

E-MAIL:shokuhou@j-fpa.com

スケジュール
13:00 開 場
13:25

13:55
◇製品紹介:Ⅰ『発酵熟成肉製造技術
   「エイジングシート」開発の背景とその効果について』

熟成肉(魚)を簡単に作れるエイジングシートを明治大学と産学連携により開発した。今まで巧みの技であった熟成を、安全に且つスピーディーに誰でも作れ、より美味しいを身近なものにできる、革新的フードテックを紹介する。
株式会社ミートエポック  
代表取締役
跡部 美樹雄 氏


14:00

14:30
◇製品紹介:Ⅱ『クラフト紙を使用した包材の開発』

当社の代表的なブランド「かっぱえびせん」「ポテトチップス」に、環境対応包材の開発に向けた第一歩として、クラフト紙を使用した包材を採用。包材の開発から採用に至るまで、サプライヤーと協働して取り組んだ事例を紹介する。
カルビー株式会社 
研究開発本部
食品法務部包装開発チーム
新規包装開発,包装規格管理  
澤田 遍範 氏
14:40

15:40
◇講演‐1:『中国の使い捨てプラ禁止の背景と
                   日本の取るべき道』

本年1月中国が使い捨てプラの全面禁止を発表した。昨年7月に罰金付きのゴミ分別回収を始めた中国であるが、ゴミ問題は埋め立てではどうにもならないところまで来ている。その禁止の内容と、日本の取るべき道を提言する。
一般社団法人 日本食品包装協会
理事長
石谷 孝佑 氏
15:45
 ∫
16:45
◇技術講演‐2:『植物由来の透明な紙
   「セルロースフィルム」の環境適性と包装材への応用』

セルロースフィルムは木材から作られた生分解性を有するバイオマス素材で、実はプラスチックが開発される前から存在している。今回はこのフィルムの特性に加え次世代設計や昨今の脱プラの原因とも絡めながら、この古くて新しい技術を解説する。
フタムラ化学株式会社   
中部統括 開発グループ
グループリーダー  
花市 岳 氏