お知らせ

2019/02/20研究例会

4月度研究例会 開催のお知らせ

事務局からお願いがございます。

現在、当協会ではペーパーレス化を進めており、

その一環としまして20174月度研究例会から当日配布用の印刷物については

電子媒体にて事前に聴講者の皆様に配信する方式に変更させていただいております。

なお、当日紙媒体での資料配布は行いませんので、ご了承願います。

紙媒体が必要な場合は各自で印刷してご持参下さいますようお願い申し上げます。

今後実施する講演会につきましても、同様の方式になりますので皆様のご協力を賜りたく、

よろしくお願い致します。

- 日 時
平成31年4月18日(木)13:20~16:45(受付 13:00~)
- 会 場
北区王子・北とぴあ 7階第1研修室
- TEL
☎03-5390-1100
- 参加費
会員1名 6,000 円、非会員1名10,000 円(いずれも税込)
なお、フードパッケージ・メイト(初級)認定証[第5回試験(平成30年11月21日実施)合格者]をお持ちの方は参加費が無料となります。
- 銀行振込先
みずほ銀行横山町支店 (社)日本食品包装協会 普通預金 № 2177446
- 申込締切り
平成31年4月10日(水)
4月11日以降のキャンセルは無効とさせていただきます。(代理出席可)

申し込み方法

下記申込書に必要事項を記入(1枚/1人)のうえ事務所まで送付(FAX可)、または申込みフ ォームにてお申込みください。

FAX:03-3669-1244

参加申込書(印刷用)

参加申込みフォームへ

申込み・問合わせ先

〒103-0013
東京都中央区日本橋人形町1-10-5
 一般社団法人 日本食品包装協会

TEL:03-3669-0526 FAX:03-3669-1244

E-MAIL:shokuhou@j-fpa.com

スケジュール
13:00 開 場
13:25

13:55
◇製品紹介:Ⅰ『遮光性紙カップの開発』

紙カップ用原紙に遮光性を付与した「遮光紙」を日本製紙クレシア株式会社様とともに開発し、紙カップに採用しました。これまで必須だった複雑な工程や材料を使用する必要がなく、シンプルな製造工程で遮光性紙カップを製品化することができたため、その内容についてご紹介致します。
凸版印刷株式会社
生活・産業事業本部
ビジネスイノベーションセンター
開発本部
第一開発部
大沼 雄太 氏
14:00

14:30
◇製品紹介:Ⅱ『超音波加熱シール式横形ピロー包装機
               (newTLM-αシステム)』

一貫して「包装技術」の革新に取り組んでいる当社の概要と主要製品のご紹介とこの度 平成30年 優秀省エネ機器・システム表彰に於いて中小企業庁長官賞を受賞した「超音波加熱シール式横形ピロー包装機(newTLM-αシステム)」の内容についてご紹介致します。
              
株式会社フジキカイ
営業本部
本部長
宮田 敏弘 氏
14:40

15:40
◇技術講演:Ⅰ『B to B メカニカルリサイクルの最新技術』

2011年にペットボトルのB to B メカニカルリサイクルシステムを協栄産業株式会社と共同で構築しました。この発展形として2018年に新たに導入したF to P (フレーク toプリフォーム)技術をご紹介いたします。
サントリーMONOZUKURIエキスパート株式会社 
SCM本部
包材部
小笠原 直也 氏
15:45
 ∫
16:45
◇技術講演:Ⅱ『飲料缶の最新動向』

代替技術がある包装容器間では常にシェアバランス競争が起きていますが、内容物(ビール、RTD、コーヒー、炭酸飲料など)や容器形態(金属缶、PETボトル、紙容器など)等に触れながら、飲料缶の最新動向についてご紹介いたします。
東洋製罐株式会社
取締役執行役員
技術開発機能統括
テクニカルセンター長
神崎 敬三 氏