お知らせ

2018/02/19研究例会

4月度研究例会 平成30年4月18日(水)開催のお知らせ

※募集を終了しました

事務局からお願いがございます。

現在、当協会ではペーパーレス化を進めており、

その一環としまして20174月度研究例会から当日配布用の印刷物については

電子媒体にて事前に聴講者の皆様に配信する方式に変更させていただいております。

なお、当日紙媒体での資料配布は行いませんので、ご了承願います。

紙媒体が必要な場合は各自で印刷してご持参下さいますようお願い申し上げます。

今後実施する講演会につきましても、同様の方式になりますので皆様のご協力を賜りたく、

よろしくお願い致します。

- 日 時
平成30年4月18日(水)13:20~16:45(受付 13:00~)
- 会 場
北区王子・北とぴあ 7階第1研修室
- TEL
☎03-5390-1100
- 参加費
会員1名 6,000 円   一般1名 10,000 円
- 銀行振込先
みずほ銀行横山町支店 (社)日本食品包装協会 普通預金 № 2177446
- 申込締切り
平成30年4月10日(火)
4月11日以降のキャンセルは無効とさせていただきます。(代理出席可)

申込み・問合わせ先

〒103-0013
東京都中央区日本橋人形町1-10-5
 一般社団法人 日本食品包装協会

TEL:03-3669-0526 FAX:03-3669-1244

E-MAIL:shokuhou@athena.ocn.ne.jp

スケジュール
13:00 開 場
13:25

13:55
◇製品紹介:Ⅰ『リッド部材不用の飲料紙カップのご紹介』

蝶の羽のような形の先端部を折りたたむと本体と一体で飲み口まで形成される、リッド部材不用の紙コップ『Butterfly Cup』。日本国内ではまだ見られないユニークで新しい環境配慮型製品をご紹介致します。
日本紙パルプ商事株式会社
国際営業本部
国際事業推進部
課長代理
山下 猛 氏
14:00

14:30
◇製品紹介:Ⅱ『陽圧化が変える空調消費エネルギー量と
                    室内温熱環境』
         ~ウインドナビ・システムの提案~

現在の換気技術は新鮮空気の供給による瞬時一様拡散希釈が基本です。しかし、その主体が排気ファンですから、室内は負圧状態で排出性能は成り行きになり、膨大な空調ロスや室内環境の悪化が起こります。この問題を改善するために「気流管理=ウインドナビ・システム」技術を開発しましたのでその内容についてご紹介致します。
ウインドナビ株式会社
代表取締役社長
金谷 嘉明 氏  
14:40

15:40
◇技術講演:Ⅰ『レンゴーの環境経営と
     持続可能な開発目標(SDGs)の関係性について』

少ない資源でより付加価値の高い製品の提供を目指す、“Less is more.”をキーワードに、環境経営を推進し、SDGsの目標に貢献しています。レンゴーの環境経営とSDGsの関係性をマッピングし整理したので、その内容について発表します。
レンゴー株式会社
環境・安全衛生部 環境課
部長代理
山下 毅 氏

15:45
 ∫
16:45
◇技術講演:Ⅱ 『アジアを中心とした海外の
   医薬・食品包装用ヒートシール材の水系化ニーズと
                弊社の取組みについて』

中国やインドなどの新興国では医薬・食品包装需要が急拡大する半面、溶剤系材料が多く使用されており、VOC発生源の一つとして対策が求められています。各国環境規制の最新事情と弊社の取組みについてご紹介いたします。
*通訳がつきます。
三井化学株式会社
コーティング・機能材事業部
新製品開発グループ
海外マーケティングマネージャー
Mr. Abhineet Shrivastava