お知らせ

2022/10/27人材育成研修

令和4年度「食品包装人材育成講座」(初級)開催と受講生の募集

※募集を終了しました

オンライン形式(ZOOMでのライブ配信)講習会を開催いたします。 本講座では、食品と包装の両面から易しく食品包装技術を体系的に理解できるような構成となっており、入社1~3年経過された方や食品包装関係の業務に新たに就かれた方に是非お勧めしたい内容となっております。

多くの方からのお申し込みをお待ち申し上げます。

 

◆  2022年度食品包装人材育成講座(初級)実施要領

 

◆  食品包装人材育成講座(初級)申込書

- 日 時
令和4年12月6日(火)・12月13日(火)・12月20日(火)の3日間
- 会 場
オンライン開催(Zoomでのライブ配信)
- 参加費
当会会員:36,000 円 / 非会員:50,000 円(事前登録制)

※参加費は銀行振り込みによる前納とします。
※請求書は、メールでお送りいたします。郵送をご希望の場合は、ご連絡ください。
※払込手数料は、受講者負担でお願いいたします。
- 銀行振込先
みずほ銀行横山町支店 (社)日本食品包装協会 普通預金 № 2177446
- 申込締切り
令和4年11月30 日(水)※定員50名になり次第、申込終了。

※令和4年12月1日(木)以降のキャンセルは無効となります。
※無連絡不参加につきましては、当該参加費を申し受けますこと予めご了承ください。
 また、代理出席を希望される際は、事前に事務局までご連絡ください。
※ご聴講はお申込みいただいたご本人様のみとなります。1 社複数名のご聴講をご希望される際には、
 皆様それぞれでお申込みください。

申込み・問合わせ先

〒103-0013
東京都中央区日本橋人形町1-10-5
 一般社団法人 日本食品包装協会

TEL:03-3669-0526 FAX:03-3669-1244

E-MAIL:shokuhou@j-fpa.com

スケジュール
一日目 令和4年 12月6日(火)

食品と包装資材等の現状の課題と期待
開講挨拶
10:00

10:05
理事長挨拶 石谷 理事長
第一時限
10:05

10:50
《食品包装総論》
●食品包装の考え方の基本
●食品産業の種類と規模、製・配・販の連携
石谷孝佑 氏
(食包協)
第二時限
11:00

11:50
《食品の品質と変質を知る》
●食品の品質・特性を知る
●食品の変質の実相を知る
●食品の変質をどのように防ぐか
石谷孝佑 氏
(食包協)
第三時限
13:00

13:50
《包装することを良く知る》➀
●包装するとは、包む・入れる・束ねる
●包装の範囲、包装の種類
●包装機械・包装システム
小國盛稔 氏
(食包協)
第四時限
14:00

14:50
《包装容器を良く知る》②
●金属缶とガラス瓶、紙容器、プラ容器
●包装容器の特性・機能性を知る
●酸素・水蒸気バリアー性、強度
神崎敬三 氏
(東洋製罐GH)
第五時限
15:00

15:50
《包装フィルムを良く知る》➂
●食品包装に使われるプラスチックフィルム
●機能性フィルム・高機能包材について
●食品包装の一般的なラミネート構成
花市 岳 氏
(フタムラ化学)
二日目 令和4年 12月13日(火)

様々な食品の品質保持・包装等
第一時限
10:00

10:50
《乾燥食品の包装》
●茶葉・乾海苔の変質要因と防湿包装設計
●遮光とガス置換包装と賞味期限表示
●その他の乾燥食品の品質保持
石川 豊 氏
(農研機構)
第二時限
11:00

11:50
《干菓子類の包装》
●低水分菓子類の変質要因・酸化と吸湿
●防湿包装設計と水蒸気バリアー包材
●干菓子類の賞味期限表示
平野 晃 氏
(森永製菓)
第三時限
13:00

13:50
《中間水分調味料の包装》➀
●醤油・味噌の酸化と褐変
●酸素を遮断する透明容器としてのガラス瓶
●ハイバリアー包材と脱酸素容器の事例
桑垣傳美 氏
(キッコーマン)
第四時限
14:00

14:50
《中間水分菓子・珍味・半生麺類の包装》②
●中間水分食品の種類と変質要因・カビと褐変
●脱酸素資材、ガス置換とハイバリアー包材
●中間水分珍味類の賞味期限表示
田中宏和 氏
(MGCエージレス)
第五時限
15:00

15:50
《多水分食品のロングライフ化》
●レトルト食品の種類と特徴・包装の選択
●レトルト用包材と加熱殺菌技術
●多水分食品のガス置換包装と衛生管理
小林 光 氏
(食包協)
三日目 令和4年 12月20日(火)

《包装食品の安全性・快適性》
第一時限
10:00

10:50
無菌充填包装食品》(飲料等)
●牛乳・乳飲料の無菌充填包装
●お茶・コーヒー飲料の無菌充填包装
●飲料製造の包装関連機器と衛生管理
橋本清司 氏
(四国化工機)
第二時限
11:00

11:50
《無菌化包装食品》
●無菌化包装食品の種類と無菌化包装システム
●畜産物・米飯・餅の無菌化包装
●無菌化包装の関連機器と衛生管理(HACCP)
鬼澤香代子 氏
(クレハ)
第三時限
13:00

13:50
《日配食品の包装》
●惣菜類のロングライフ化、低温流通
●包装技術と包装形態(トレイ・スキン
パックなど) 
増田敏郎 氏
(包装専士)
第四時限
14:00

14:50
≪包装食品の安全性の基本的な考え方≫
●JAS、ISO、FSSC、HACCPって何?
●HACCPの制度化と世界の食品関連安全認証
●包材の安全認証、製造物責任など
湯川剛一郎 氏
(技術士)
第五時限
15:00

15:50
≪快適性の基本的な考え方≫
●食品包装の形態の多様性と使用性
●ユニバーサルデザイン(UD)の誕生と重要性
●快適な食品包装のための配慮項目
野田治郎 氏
(技術士)
16:00-16:30 閉校式 挨拶  食品包装の将来展望 石谷理事長